読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプル生活 わたしの好きなくらし

本当に必要なものを大切にして暮らしたい。

スポンサーリンク

中学生 内申点をあげるコツ?

シンプルな暮らし シンプルな暮らし-子育て

 

3月10日、娘の受験終わりました。

結果はまだですが…

とりあえず、終わりました(^-^)

 

今日も、訪問してくださって、

ありがとうございます

 

ちょっと、いやらしいタイトルですよね?

興味ない方はスルーして下さいね。

 

親にとって、大切な子供の将来…

 

『 高校受験 』は、やっぱり1番、

関心があるんじゃないかなって思います。

 

地域によって、違いがあると思うのですが、

この辺りの公立高校受験には、

当日のテストの結果と、

1年~3年の内申点の両方で、

合否が判断されます。

割合は、県や受ける高校によって違うのですが、

この辺りの高校のほとんどは、7:3。

 

当日テストが7割、内申点が3割。

内申点の内訳は、1年+2年+3年×2 でした。

 

なので、5段階評価の9科目でしたので、

オール5で計算すると、

180点満点となります。

  

今の塾では、内申を上げるコツも、

教えてくれるそうです。

うちの娘は、塾には通いませんでしたが(^_^;)

 

やめたもの 塾 - シンプル生活 わたしの好きなくらし

 

受験はまだまだ先だと思っていても、

1年生からの、成績も関係してくるので、

私が塾に通っているママ友に聞いた事と、

実際の感想を書きます。

 

●内申をあげるコツ

 

①宿題は必ずやる。

②提出物は必ず出す。

③授業で、積極的に発表する。

④授業中、先生と目が合ったら、

    ニコっと笑う。

⑤授業中、先生の話をうなずきながら聞く。

 

注:テストの点は内申に関わるので、

  テストを頑張るのはもちろんの事です。

 

だそうです。

全部、当たり前といえば、

当たり前の事なのですが…

 

④⑤は、話を聞いた時は、正直引きました(^_^;)

そんな事までする必要あるの~?って^^

 

でも、先生も人間です。

意欲的に見えるかどうか、

という事なのでしょうね。

 

実際、わが家の娘、①②は出来てましたが、

1年の時はほとんど、発表しませんでした。

もちろん④⑤など、出来る訳もなく…(^_^;)

 

この話を、娘にしたからなのか…?

2年生では、発表するようになりました。

 ④⑤はそんな事出来る訳ない

って言ってました。

 

3年生、発表は、引き続き、

頑張ってたみたいです。

 

顔も名前も分からないので書くのですが…^^

1年から3年の間、

確かに、テストの点数は、少し上がりました。

でも、それ程かわっていないと思います。

でも、内申点は、すごく上がりました。

 

31  → 41

 

驚きです! 

発表する事は、重要だったみたいです^^

3年で、もしかしたら、

④⑤も、やってたのかな~?^^

 

もう終わってしまいましたが、

1年の時から、発表してればなって、

思ってしまうのですが、

しょうがないですね~(^_^;)

 

もちろん、内申点が低くても、

当日テスト、自信あればいいのですけれどね(^-^)

 

 

mamisinpuruseikatu.hatenablog.com